ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

スーパーマーケットはハンパなく楽しい

¶ 買い物に行くのが面白い
タイトルの通りです。最近は、スーパーマーケットにはまっています。俗にいうマイブームです。
近所にある小さいスーパーも好きですが、色々商品が置いてある大型スーパーが楽しくて仕方がないです。「海外から直輸入しました新製品です!」とか、「今が旬の新鮮なサカナです」とか、「これって一体なににつかうの?どうやって食べるの?」というような見たこともない商品とか。
色々な商品を観察するだけで、かなり楽しめます。

¶ しかし、買えない
色んな商品を見ているだけで楽しいのですが、正直言うと、購入にいたることはあまりないです。お店ゴメン。しかし、これには理由があります。弁明させてください。

まず、物理的な問題です。大型スーパーは家から少し距離があるので自転車(ロードバイク)に乗っていくのですが、ロードバイクでは積載量が皆無で、リュックに入る分しか買えないからです。

また、買っても使い切ることができないという問題があるからです。
葉物の野菜などは非常にあしが早いので、ちょっとしか買えません。しかしながら、ちょっと入っているモノを買おうとすると、「高っ!」となって購入に踏み切れません。私の脳内にある貧乏中枢スイッチが、商品の購入を妨げるのです。

¶ 世間は商品を購入させる言葉で溢れている
スーパーの中では「タイムセール実施中」や「数量限定!」といった言葉が溢れています。言葉たちは、『いま買わないと』という意識を刷り込んできます。
また、テレビを見ているだけで、「フェア実施中!」「今すぐお店へ!」といった言葉を一方的にガンガン浴びせられます。ハンパない訴求です。

しかしながら、そういった言葉に影響されて、自分の意思に反して買う買わないを決めてしまうことは、あまりよろしくないと思います。買い物だけに限らず、本当に大事なのは、「ほんとうに」自分の意思で決めることなのではないのでしょうか。
最近そういったことを感じます。自戒も込めて。