ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

パスタばっかり食べていた

注意:この記事で述べるパスタとは、スパゲッティーニのことを示しています。ペンネフェットチーネなどではございません。
 

Amazonでパスタが安かった

年明けすぐのころ、つまり借りぐらしを始める前、調子に乗ってギリシャ製のパスタを12kgほどまとめて購入してしまったことがあります。穀物が値上げする前だったので、2000円ほどで購入することができました。お米に比べたらはるかに安かったので、「なんだか得したなぁ、ラッキー」と感じたのを覚えています。しかしながら、これはどうやら間違いだったようです。

f:id:honobono_simple:20150717022256j:plain

 
¶ 保存には重宝するが
パスタは保存に重宝しますし、調理も簡単なので、一人暮らしを始めるにあたっては頼りになる存在になことでしょう。しかしながら、一度に12kgも購入する必要はありませんし、その行為は自分を苦しめることになります。
栄養に関してはよくわからないのでその辺りには触れませんが、多分炭水化物ばっかりだからあんまり良くないだろうなぁとは思います。
 
¶ パスタ生活を避けるべき理由
3つあげます。
・飽きる
・食の喜びが減る
・世間体がよろしくない
 
まず、飽きるという点に関してですが、これは容易に想像できると思います。例えいくら好きなものを好きなだけ食べてもいいと言われても、毎日そればっかりだと飽きます。自分の場合は、ツナ缶もほぼ毎日食べているので、飽きの相乗効果があったのだと思われます。

honobono-simple.hatenablog.com

 
次に、飽きてくることによって、食に対する喜び及び感謝の気持ちがとても減ります。しかしながらこの飽きによって、「なんでいただきますっていつも言ってるのか」についてもう一度考える機会
を得ることができたので、まぁいいのかなぁと思いました。試合に負けて勝負に勝つ感じですね。
 
加えて、「毎日パスタばっかり食べている」と世間で発言することは、「あの人ちゃんとご飯食べてるのかなぁ」と思われてしまうことに繋がります。私のご飯事情について他人からどう思われようと構わないのですが、本気で心配される時がたまにあるのはなんだか違う気がします。
 
 
¶ パスタ生活の今後の展望
このパスタを食べきったら、パスタを茹でるプラスチックのアレを捨てるんだ...。よくいえば卒業です。
米を炊く機械をクレジットカードのポイントで得たので、それを使って幸せなご飯生活を送ります。