読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

歯医者いくのがいやや



私は、歯の一部にレジンコンポジット処理を施しています。カッコよくいってますが、欠けた歯の治療をしているだけです。小学生の時に、自転車から転げ落ちて、一部の歯が欠けたからだとかそんな理由だったと思います。レジンコンポジットを簡潔に説明すると、歯の詰め物として樹脂を詰める処理のことになります。
ちなみに、昨今話題なっているインプラント施術は、額骨にアンカーボルトをぶっ刺して、ネジみたいにキュキュっと留めるやつ。学校の宿題で一度調べたので少し記憶に残っていますが、なんか痛そうだし医療事故とかの症例がエグかったので、やらないでおこうと強く感じたのだけは覚えています。横道にそれました。

先日、歯についているレジンが欠けてしまったので、歯医者さんにてふたたび歯を治療していただきました。レジンは歯と違って強度が低めだから、たまに欠けたりする。施術は無事に終わったのですが、お会計時に「次回は定期検診に来てくださいね〜」と言われたので、テンションが下がってる。

¶ 歯医者がいやな理由
・定期検診の2択感
・純粋に、歯石を取る時のウイイーーン感
・終わった後にハンバーガーを食べる罪悪感
・前日眠れなくなる


¶ 定期検診の2択感
いつもいく歯医者さんには、ウイイーーンする人がふたり存在しています。ひとりは院長なので優しくいい感じなのですが、もうひとりの人は距離感があって少し怖めです。加えて、少し怖めの人はウイーーン時の押し付け荷重が少し強めで、歯がアツーーゥッとなるので嫌です。

¶ 純粋に、歯石を取る時のウイイーーン感
ウイイーーンをする機械の名前は、確かスケーラーと言います。しらない人は覚えましょう。間違ってたらごめんなさい。超音波とかでウイイーーン!
あの治療器具は歯を削らずに歯石だけ取り除くようにできているのは知っていますが、歯に伝わる熱の感覚がなんとも…。あと、音の高さが…。バイクのアクセルをめっちゃ回した時よりも遥かに高い音が口の中から聞こえてくるのは、なんとも怖いものがありますよね。

¶ 終わった後にハンバーガーを食べる罪悪感
私がいく歯医者の近くにはなぜか、めっちゃうまいハンバーガー屋さんが存在しています。なんともミスマッチな組み合わせです。個人的には、アボカドバーガーが優勝で、二位はベーコンチーズバーガーだと思っています。
そこのハンバーガーはめっちゃ美味しいけど歯に挟まったりするイメージがあるし、歯医者で歯石をとった後に食べると余計に詰まるんじゃないのかなあとか色々考えると味わって食べにくいです。ひょっとしたら、ハンバーガーでできた歯石を歯医者で取れるようにセットで位置していたらかなりアコギな商売ですね…。ぞっとするぜ。でも、あの罪な感じがまたいいんだよなー

¶ 前日眠れなくなる
歯医者の前日は、以上の理由から眠れなくなります。半分以上の負の感情(歯医者いややわー)と、かすかな正の感情(ハンバーガー!)がなんというかこう、ぐにゃぐにゃーとなるので眠るのが遅くなります。そして午前診なのに眠れなくなって、朝起きた時には「眠っ!!」となる負のスパイラルに陥ります。以上の理由から、歯医者いくのがいややなあといつも思います。