ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

住民票が移せなくなるループ


なんやかんやで急遽、いなかに引っ越しました。早めに言ってくれよぉ……と、色々と思うことはありますが、まぁいいです。Anyway、これにより、city boyからいわゆるvillage boyへと、華麗なるジョブチェンジを成し遂げました。都落ちとも言いますね!

今回は、そんないなかへ引っ越した私が、住民票を移すのに苦労している話をメモします。
前:City, 今:Village と考えていただくとわかりやすいですよ!

¶ 転出届が届かない
正直なところ、前の住所のままでもいいと思っているのですが、「住民票を移したほうが便利だから」という理由で、移させられることになりました。そのため、前のところから転出届を郵送しました。
しかしながら、今の住所宛に転出届を送ると、何故か「この住所での転入届が出されていないから、この手紙は持って帰ったぜ!とりあえず、キミの転入を待ってるぜ!」という旨のピラピラな紙が一枚入っていて、転出届が届きませんでした。「ちょっとまってくれー、その紙がないと転入できないし、確か転入届の期限ってけっこう短かったよね。」とか、色々と話し合い、持ってきてくれることになりました。ただ、速達が速達でなくなった分のお金は返ってきませんでした。

¶ 印鑑も届かない
転出に際し、「たぶん印鑑も必要だよなぁ」ということで本人の印鑑を購入したのですが、予定日までに間に合いませんでした。とりあえずハンコ屋さんに「印鑑こないんすけど…」という旨を伝えて、話し合った結果、すぐに対応してくれることになりました。この配送が遅れている原因が、業者ではなく郵便局だったので、この時の対応については若干反省しています。

¶ 郵便局は今後極力使わない
郵便局の対応がゆるゆるなので、いなかの生活はかなり面倒だなぁと感じております。いなかの郵便局は、乾いた水着くらい役に立っていないなぁと思いながら、チーズを食べつつiPadでブログを書いていました。今までが便利だっただけかもしれませんが!
これからは急ぐ場合は他の配送業者を使うか、メール等で送るか、直接いくか、諦めるかの選択肢を選びたいと思います。