ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

持たないという豊かさ

色々とモノを手放すのが流行っているのに、「なぜモノを手放すと豊かになれるのか」について本質的に考えられているブログが少ないのはなんだか変な気がする。「私はモノを捨てました、すっきり。」というのを書くのは楽しいことだろうけど、一度深く考えても損はしない問題だと個人的には思います。

 

「日本のデザイン」著:原研哉の、「持たないという豊かさ」という文章が良かった感じたので、ミニマリストになりたい人はこういうのを読めばいいと思いました。入試問題として時々扱われる題材なので、なにかしらの端末でググったら、無料で文章を読むこともできます。いい時代だ。

 

www.tamagawa.jp/uni_admission/examination/pdf/exam-2014-03.pdf

ついでに現代文の勉強もできそうでいいですね。

 

新書で読むと、クルマについての話も出てきて、個人的に興味深かったです。

移動の方法は、能動的に動くdriveから合理的に動くmobileへ変わってきていて、いつの日か「友人とガソリン車で走ることは、命を預けるという行為として強い信頼の証になるんじゃね」という感じのことが書いていて、へぇぇと思いました。

自分は今のところ変なスポーツカーを持っているので、drive側に取り残されています。電車の移動も嫌いじゃないですが。逆に、動かないとけっこう落ち着かなくなる。これは寂しいからなんだろうなぁとも思う。