読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

誘い疲れ

疲れ

「ここ数年ほど、友人とかと遊んだりする時は何故かだいたい誘う側になっていて、なんかもう疲れたぜ」という話。この辺の考えを一旦整理しないと精神的にちょっとしんどい。

 

Case1

前日に「遊ぼう」とはいうものの、プランを全く提示しない人。そして寝坊が理由で遅刻してくる人。その上「午後から用事ができわー、ごめんな」とかいって帰ったりする。「それなら無理に自分と会おうとしなくていいのに」と強く思った。これはそういう人間だったというだけなのだろう。これについてはなんだかもうどうでもいい。

 

Case2

「どっかいこうぜ」といって、クルマの助手席に乗り込む人。ノープランorクルマをあし変わりに考えている人にありがちである。スポーツカーは憂いを取り去ることができるけど、こういう人と移動するときは、逆に憂いポイントがガンガン貯まる。勝手に音楽を結構な音量で流し「本当にDQNやん」などと言われると、調子が悪い時はかなりイライラする。勝手にじゃなければ特に何も思わない。

 

Case3

「旅行いこうぜ」と言われたので、色々計画して予定を立てて旅行にいったら行ったで、後で散々に言われたりしてかえって消耗した。前日までに仕事をある程度段取りつけたり、それに合わせて年休を取得したりしている背景を一切知らないのは自分が知らせなかったからなのだが、「きみは学生とやってることがかわらんよな笑」などと言われると、何かが壊れそうになるというか、この時は割と壊れた。思い出すとたいそう悲しくなってくる。

 

Case4

「飲み会したいね」と皆思っているor発言しているにも関わらず、幹事が毎回自分であったりする大学時代の人間関係。現在の自分は大学のあった土地からはかなりアウェーな場所に住んでいるのに、なぜ自分が大学近くのお店を探したりして飲み会を企画しなければならないのか。

 

Case5

「今度こっちくるならご飯でも(一緒に食べに行こうよ)」という人。そちらにどんなご飯屋があるのかはあまり詳しくないので、できればいきたいお店を教えてほしい…。

 

Case6

「飲み会したいね」と思っているor言っている会社の人。思い立った人がさっと企画すればいいだけなのに、なぜ誰もやらないのか。「自分が企画してまで飲み会をしたくはないけど、飲みに行きたいといえば行きたい」といった感じなのだろうけど、それはみんな一緒だと自分は思う。加えて、続けての幹事は反則だと自分は思う。

 

 

まず、御相伴に与るくらいで晩ご飯食べにいきたい…。

あと、最近はオフ会に少し興味がある。自分以外の誰かが何かを企画しているのが明らかなオフ会なるものに、一回乗っかろうと思う。