読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

就活時の「何か質問はありますか」に対する回答

就職活動

一個前の記事はあまりにも適当に書きすぎたので、自分の中である程度考えがまとまっているもの一点についてまとめました。

 

 

就活時に「何か質問はありますか」と聞かれる場面があります。合同説明会、学内セミナー、面接などの場面です。そのような場面では、適切な回答を述べる必要があります。適切な質問があればベターなのですが、なにも思いつかないとき、私は以下の質問を相手に投げかけることにしていました。

 

 

¶ (人事担当者、リクルーター、面接官)様にお聞きしますが、(人事担当者、リクルーター、面接官)様は御社に入社される際、どのような思い・考えを持って入社を決めたのでしょうか?また現在、当時の思い・考えにどの程度近づけていると考えますか?差し支え無ければお聞かせください。

 


この質問の背景となる考えは以下の2点です。

 

(1)相手がどのような考えをして入社したかがわかる
→自分と考えが似ている人、またはその考えについて賛同できる人が、少なくともひとりは存在する会社を選ぶことができます。個人的な考えですが、自分の考えとあまり一致しない場合、「この会社のキャラは私とは合わないな」「この人事の佇まいはどうも受け付けられない」と捉え潔く諦めたほうが良い、と思います。

 

(2)就活の志望動機で「内定」の出た回答を集約できる
→(人事担当者、リクルーター、面接官)は、就活時期に差はあれども、就活時に少なくとも一社以上内定を得た人という切り口で見ることができる。会社側の人間が「一体どういう考えを持っているのか」「それをどういう言葉にすれば内定の出るアンサーとなるのか」を聞き、それをストックしておくと良いでしょう。自分の考えを"模範回答"をなぞって作ることができるので、国語力のない私にはたいへん重宝しました。

 


「なにも質問しないより何か質問したほうがいい」というのは、会社について知るためだけでなく、現在の自分の立ち位置を正確に確認・把握・理解するためにも必要不可欠な行動である、と私は思います。ぜひ積極的に質問を行い、就職活動を乗り切っていただければと思います(棒読み)

 

 

おしまい