読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるめの世界

ブログタイトルをスタイリッシュなのに変えたいが、いいのが見つからない

就活は情報戦である

就職活動

会社員、もとい労働者となって久しいですが、なぜか就活ネタが続くブログです。これがいったいどこに向かっているのかは、自分もわからない。

 

¶ 就活は情報戦

私は、就職活動にあたっては「まずは会社に関する世に出た情報から情報を適切に読み取り、設定された課題に適切に答えればいい」と思っていました。感覚的にですが、世に出た情報を適切に扱えるかが、第一のふるいだと就活当時の私は考えていました。このふるいをくぐり抜けてから、人事担当者の印象、役員の印象、社風、その他もろもろを加味して「学生側が選ぶ立場」にあるといった、学生側にかなり有利なバトル条件であるのだ、と。これはよく言われる話です。

いちおう役員の人が「こいつ採ってもオッケー」と言わない限り内定をゲットできないのですが、そもそも説明会に行くかどうかの選択、履歴書の内容の盛り方、面接で話す内容の構成など、「採用プロセスにおける多くの事象は、学生側が自由に変更できる立場にある」といった感覚を、比較的早い段階で理解しておくことが就活ゲームでの勝利=内定においては非常に重要だ、と私は思います。

似たようなことを書いてしまいました。

 

¶ 具体例、大学内の企業説明会

大学での企業説明会を例にとりますと、「ただ就活シーズンだから大学でやってる企業説明会にいって、ブースに座って会社の話を聞く」のではなく、「説明会にくる会社の人事担当者に、良い意味で顔と名前を覚えてもらう・認知してもらう」ことをまずは念頭に置いて行動すべきです。もっといえば、学生側には企業説明会以前にパンフレットなどで「どんな企業がくるのか」という情報が既に明らかにされているので、それらに対し予習をするべきです。

話が横にそれますが、「就活は恋愛」とかいうフレーズは知っているのに会社のことをなにひとつ調べてこないという現象は、ちょっと気になる子がいるけど「好きな食べ物があると?」レベルの質問しかでてこないということになるんだけど、そこはどうなのかなぁとも思ったりしました。

いずれにしても、最低限やらないといけないこととして、来訪される企業については事前に情報をチェックしておき、自分の働くイメージと照らし合わせつつ「私は○○の業種を志望しているのですが、御社の○○職の具体的な業務内容についてもっと知りたいです」とか、「私はこういう理由で○○業界の△△で働きたいと考えていますが、先輩社員にはどのような志望理由をもったい方が過去にいたのかお聞かせ頂けると嬉しいです」とか、「オレはこういう人間です」といったパッケージをさりげなく盛り込んだ質問を言えるようにするのが良いと、私は思います。質問はその場でできなくても、説明会の終盤にくるのでも全然構わないので、まずはふるいにかけられないよう、これぐらいやっとけばいいんじゃないかなぁと思います。

就活時の「何か質問はありますか」に対する回答

就職活動

一個前の記事はあまりにも適当に書きすぎたので、自分の中である程度考えがまとまっているもの一点についてまとめました。

 

 

就活時に「何か質問はありますか」と聞かれる場面があります。合同説明会、学内セミナー、面接などの場面です。そのような場面では、適切な回答を述べる必要があります。適切な質問があればベターなのですが、なにも思いつかないとき、私は以下の質問を相手に投げかけることにしていました。

 

 

¶ (人事担当者、リクルーター、面接官)様にお聞きしますが、(人事担当者、リクルーター、面接官)様は御社に入社される際、どのような思い・考えを持って入社を決めたのでしょうか?また現在、当時の思い・考えにどの程度近づけていると考えますか?差し支え無ければお聞かせください。

 


この質問の背景となる考えは以下の2点です。

 

(1)相手がどのような考えをして入社したかがわかる
→自分と考えが似ている人、またはその考えについて賛同できる人が、少なくともひとりは存在する会社を選ぶことができます。個人的な考えですが、自分の考えとあまり一致しない場合、「この会社のキャラは私とは合わないな」「この人事の佇まいはどうも受け付けられない」と捉え潔く諦めたほうが良い、と思います。

 

(2)就活の志望動機で「内定」の出た回答を集約できる
→(人事担当者、リクルーター、面接官)は、就活時期に差はあれども、就活時に少なくとも一社以上内定を得た人という切り口で見ることができる。会社側の人間が「一体どういう考えを持っているのか」「それをどういう言葉にすれば内定の出るアンサーとなるのか」を聞き、それをストックしておくと良いでしょう。自分の考えを"模範回答"をなぞって作ることができるので、国語力のない私にはたいへん重宝しました。

 


「なにも質問しないより何か質問したほうがいい」というのは、会社について知るためだけでなく、現在の自分の立ち位置を正確に確認・把握・理解するためにも必要不可欠な行動である、と私は思います。ぜひ積極的に質問を行い、就職活動を乗り切っていただければと思います(棒読み)

 

 

おしまい

就活で訊かれるアレに対する解のひとつ

就職活動

かつては就職活動をしていた時期がありましたが,すでに労働者となり一年弱がたってしまった.去年の今頃は,朝バスやら電車に乗って学校にいったり,登校前にカフェモカを買ったり,放課後は友達と9ボールをしたり,レストランでピザを食べたりテキーラを飲んだりしてたのになぁ.時間がたつのは早い.

 

今度リクルーターとして大学を訪問するので,「就職活動の説明会では,一体なにを質問するべきか」について少し書きます.

 

●何か質問はありますか?

・貴重なお話()ry.私は○○職を志望していますが,配属の際に希望はどの程度反映されるのでしょうか?また,配置転換の頻度はどのようになっているのでしょうか?

→セールス,マーケティング,HR,とか色々あるけど,その中で「どの職種にしぼっているか」をアピれる.かつ,希望が叶わないにしても,色々とステップを踏んで社畜になっていきたいという意識の高さ(笑)を強調できると思います.私は社会に居場所があれば,別になんでもよかったです.

 

・貴社の将来的な事業の展開はどう考えられていますか?

→現状を踏まえた上で訊くと,割といいパンチラインのような気がする.

今だと「東芝が盛大にコケたので,国内の半導体関連事業は縮小傾向に向かうと思われますが,今後はどうするんすか」とかそういうくらいでいいと思います.学生は「その程度の質問をしっかりと答えられない会社は選ばない」という自由を持っています.

 

・自分の研究分野と志望職種が異なるが,専門技術に関し学習する機会はどのように設けられているのか?日々の業務内でどのように専門知識を吸収してきたか.

→これに対するアンサーはだいたい,「研修で学ぶ機会があるor社内の学習制度がある」と福利厚生面を押し出してくるパターンか,「日々の業務を通して学んでいます」というお決まりのフレーズで返されるパターン.

今思えば,「御社では,業務で必要な専門知識はどのように蓄積されていますか」など,働く社員に対して具体的な質問をするべきだったと感じます.知識を適切に蓄えるシステムがない会社は選ばない自由ry

 

飽きた、ねむい

 

バイエルが続かない

カレー作り置き

ピアノの反復練習が続かないのに、いっちょまえに曲を弾きたがるやつのことです。基礎なくして応用を頑張ろうとしても続かないのであることよ。自分は既に四半世紀も生きているのに、まだそんなこともわからないのかと思うと、自分は愚かな生き物だとつくづく思い知らされますね。まったく。

 

スポーツでいうと、素振りをやらないのに野球の試合にでたがる人のことです。野球したことないからあんまりわからないけどだいたいあってると思う。

 

先日「たまにはTOEIC®︎のスコアをあげるためにちゃんと勉強しよかなぁ」と思いたち問題を解いていたところ、語彙のセクションで意外と誤答が多かったので、ちゃんと基本的なところ-特に語彙-を勉強しようと思いました。具体的には、「金のフレーズ」と呼ばれる英単語帳に載っている英単語の意味をちゃんと覚えなおそうとしています。時間かかる。

 

例えばlikelyなら「おそらく」という意味で覚えるのではなく、"without much doubt"といった感覚で覚えていこうと思っています。「英語は英語で覚えたほうがいい」と語学学校の先生が言ってたから、これは確かなんだろうと思いながら、時間を作ってゆっくり〜と覚えています。

 

http://learnersdictionary.com

いつも使ってるサイト

 

ただ、バイエルと一緒で毎日しないと上達しないとだめなんだよな。横道にそれるけど、使っていたのはバイエルじゃなくて「ヤマハ ピアノ入門教則本」とかだった気もする。

だけどそういう反復がとても大事なんですよね、本質ってそういうもんよな…。ググったら"essential = extremely important and necessary"と書いてあったし。ぼちぼちいきましょう

最近の疑問

しょうもない

誰がこれ読んでるのだろうかねぇ、これで123個目のゴミ記事だぜ

運動不足

なんのこっちゃ しょうもない

平日はあまり動かない。いつもいる場所までは自転車を使うし、1日8000歩程度で間に合っている。よくいえば省エネ。なので、遊びにいったときに運動不足をすごく感じます。

 

ちょっと動いたら筋肉が「おれはもうダメだ…」と強めに主張してくる。でと今年は山登りとかをしたい。まずはアドバイス通り、標高800m程度の山を登れる準備をして、それに挑めるような体調作りからのぞむ予定である。ただし資金が不足しているのな。無駄遣いを減らさないと。

 

ゆっくりしているとすぐに時間がたつから、ついつい結果を出そうと急ぎたくなる。でも自分はあんまり動けるほうじゃないので、なぁなぁのペースででも、自分なりにやれたらいいやと思っている。

 

これまでは能力の拡充にただ時間やお金を注ぎ込めばよかったけど、これぐらいの歳からは「自分の限界を見定めて、そこで出来ることを(自分の中で)最大限実行する」というのも必要なのかもしれない。「見る前に飛べ」という時期はもう過ぎていて、「飛ぶ前に見よ」も大事なんじゃないか、と。老い?

 

まずはできるところからやる。基本からやる。 あんまり食べ過ぎない、お酒は家で飲まない、タバコ吸わない、ちゃんと眠る。

おばんざい

ごはん

普段のごはんは食堂で食べますが、「たまにはいつもと違うごはんを食べたい」という理由から今日は外食でした。

 

豚の角煮、だし巻き卵、きんぴら、天ぷら、豆腐、千枚漬け?など、いろいろ食べれたのでQOLが上がった。野菜は普段あんまり食べないから、ここぞとばかりに食べた。個人的にはだし巻き卵とかぼちゃの天ぷらがすごい美味しかった。

 

そういえば、「天ぷらの好きな種類を3つあげよう」という話になり、3つとも合致したことにびっくりした。食の好みが似ているのは良い。一緒にごはんを食べて話すというのは、すごく幸せなことだと毎回思う。

 

こういうのがあると、仕事で少しイラっとすることがあっても「かまへんよ〜╰(*´︶`*)╯」とだいたい許せるようになる。ただし、めっちゃイライラするのはムリ。

 

「またごはん勉強しにきてやー」といってたお店の人もよかった。つぎはお酒も一緒に飲みたいなぁと思います。絶対に日本酒が美味しく感じるやつ。松の寿?という日本酒が気になる。松の司と空目してしまったが、あれは一体どんな味がするんだろう。